タグ別アーカイブ: 塔ノ岳

山行計画 “ヤビツ峠-二ノ塔-三ノ塔-塔ノ岳-大倉尾根-大倉-渋沢駅”(2016/05/05)

日程

2016年5月5日

参加者

2名

所要時間

  1. 歩行時間: 5h55m
  2. 行動時間: 7h35m
      始点 08:45 ヤビツ峠
      終点 16:20 大倉駐車場

チェックポイント

  • 8:45 ヤビツ峠
  • 10:00 二ノ塔
  • 10:30 三ノ塔
  • 11:50 新大日
  • 12:40 塔ノ岳
  • 13:55 金冷シ
  • 14:45 堀山の家
  • 16:20 大倉駐車場

  • 18:31 日没

スケジュール

No.所要時間予定時刻地点名特徴標高
18:00秦野駅改札GWのため混雑を想定
(7:45には合流予定)
245min8:45ヤビツ峠トイレあり761m
325min9:10富士見橋トイレあり
450min10:00二ノ塔
510min10:10休憩
620min10:30三ノ塔1204m
710min10:40休憩急な坂あり
830min11:10鳥尾山鳥尾山荘1136m
920min11:30行者ケ岳くさり場あり1188m
1020min11:50新大日新大日茶屋(休業)1368m
1110min12:00休憩
1240min12:40塔ノ岳尊仏山荘
トイレあり
1491m
1360min13:40昼飯
1415min13:55金冷シ1368m
15花立山荘トイレあり
1650min14:45堀山の家
1710min15:05休憩
18駒止茶屋904m
19見晴茶屋
20観音茶屋
2175min16:20大倉駐車場290m

更新履歴

  • 2016年5月5日
  • 新規

大倉発 塔ノ岳・鍋割山 後編 (2016.04.16)

13:00 塔ノ岳出発

こんなに良い景色も1人のアラサーによって台無しに。

13:05

写真を撮るなら下山の方が好きです。

13:23 大丸

この時間から鍋割山方面に向かう人は誰もいませんでした。逆に鍋割山から来る人は10名ほどかな。

13:26

友人がGOPROで撮影開始!私もGOPRO持っているので長編動画作っても面白そう。

13:38

撮影したかったのですが、近くに蜂が多いので撤退。刺激してごめんよ。

13:44

反対側の尾根にまわってきたようです。

13:44 小丸尾根分岐

大丸と小丸の尾根は気持ちが良く、長居してしまった。

13:53 リア充スポット

塔ノ岳も鍋割山も混んでいてゆっくり話ができないよー!という方。リア充したいなら小丸尾根分岐のその先に行ってみて下さいな。おススメです。

14:01 小丸

小丸まで起伏のない道が続きます。

14:05

小丸の少し先に荷物を置くことができるテーブルがあります。イスはありません。

14:14

小丸と鍋割山荘の間で鹿に会いました。まだ小さいです。

14:15

鹿の鳴き声を知らない我々は様々な音を出す。あっ振り向いてくれた!

14:24

やばい。14:30に鍋割山荘に着きたかったのにあと6分しかない!さっきの余裕はどこへ。

14:27

ぎりぎりセーフです。定刻通り!お楽しみのコーヒータイムです。

14:38

コーヒーにうるさいはずの2人。計量スクープを忘れた!笑 プロなら目分量で対応できるはず。

14:39

フィルターは合金。ペーパーレスで環境に優しい。豆の油分もダイレクトに落ちます。

14:39 コーヒー4つの基本

スタバに入ると必ず覚える。
  1. 180mlに対して10gの豆
  2. 器具に合わせた挽き具合
  3. 新鮮な水を96度で用意
  4. 挽き立ての豆を使う事
第1条件があやしい...。

14:40

薄かろう濃かろう。人に淹れてもらったコーヒーは美味しい。これは変わらない。

14:40

ペーパーよりも香りが強く、口当たりも全然違う。カフェベロナはソロフィルターと相性がいいですね。

14:41 肥後守

20代の方。肥後守(ひごのかみ)って知っています?歴史は古く戦前から。80年代でも小学校で鉛筆削り用で配布されたとか。カッコいいですね。中高年で静かなブームがあるとかないとか。

14:42 アイウェアの紹介

  1. 左 UA CORE2.0 UA8600082
    国内カタログには記載なし。Webでも並行輸入品が多い。アーム上部に滑り止めラバーがありキャップ着用中に上下のブレがなくなる。
  2. 右 ESS ICE NARO3LS
    アメリカ陸軍/海兵隊/FBI/EMS、スペイン陸空軍/海兵隊及びその他世界中の軍や警察などに採用実績があるモデル。抗弾性能が高く傷もつきにくい耐衝撃性2.4mmポリカーボネートレンズを採用。(公式サイト

15:20

既に西日。16:00までに分岐つけるかな。

15:26

これから鍋割山を下山します。計画より20分遅れ。日没には問題ありません。

15:33

水も少なく食料も食べてしまったので身軽です。小走りで一気に駆け抜けます。

15:38

とても立派なさくらです。

15:38

この桜で2016年は撮り納めとしよう!

15:44

西日で味のある景色に

15:47

木目を強調した写真が欲しかったなあ。この被写体とはまた今度。

15:57

20分遅れでしたが予定通り分岐に到着。このまま下山も出来ますが、呼吸を整えてから再出発しましょう。

16:01

分岐での休憩中。そのまま尾根を歩く『栗ノ木洞』方面も気になります。

16:13

二俣まで長い林道が続きます。切り株のコケがこれまた良い雰囲気です。誰かが住んでそうです。

16:26

奥多摩のロックガーデンを思い出します。

16:29

ここは増水すると通行が難しいようです。正丸尾根分岐から二俣に抜けるルートもありますので頭の片隅に。

16:30

もっと寄って撮影すればよかったな。次回の反省とします!

16:32

冷たい水で顔洗ってみました!これがまた気持ちよい。大回復です。

16:48

歩荷ボランティアの水置き場を過ぎた辺りから、車両が通行できる道幅となります。(関係車両のみの通行です)

17:17 西山林道

登山道のいたるところに標識があるのですが、撮影にもセンスが必要みたいです。ただ、正面から物撮りしてもつまらんし...看板のどちらかに空間を作って歩く方向を意識させたり、林道ならローアングルで攻めるのもよし、その地理地形を生かした構図がとっさに出てくるようトレーニングしないとですね。

17:47

鍋割山から7km歩いたのですね。ずっと下りなので疲れはありません。

18:15 地域猫さん

山で猫に会えなかったけど、登山口を抜けてから出会えました!しかも、ひげ猫。数年前に実家の庭で13匹の子猫が生まれて、それはもう大変な騒ぎになったのですが。笑 その中にも、ひげ猫がいてダンディって呼んでました。たまんねぇな。

18:17

猫は夕方から活発になる。ごはんの時間かな。余談ですが、実家では猫のごはんを「えさ」と言ってはいけない。

18:20

ひげ猫と入れ替わりに、美人な三毛子さんがやってきました。

18:22 大倉駐車場

すっかり暗くなりました。大倉駐車場のバス停には40名ほど並んでます。しかし、今回はバスには乗らず。車持ちの友人に感謝です。

18:28

下山報告でもしているのでしょうか。バス停付近には水場とブラシがありますので、登山靴を洗うことができます。

19:00

風呂の前に飯だ!肉だ!ということで庶民の味方『ステーキガスト』へ。ステーキ、ハンバーグ、豚ロース、チキングリルと4種の肉が楽しめてお値段も安い。カレーも食べ放題。食べた後は、お風呂の王様に行きました。

Debriefing.

 iPhone公式アプリ 『ヘルスケア』によると3.7万歩、距離にして25km歩いたそうです。ハーフマラソン超えてますけど本当ですかね。笑 また、上がった階数は370階。ドバイのブルジュビルより高いことになります。つまり、トムクルーズを超えたことになります。
 出発時の荷物は16.5kg。下山時は荷物の再分担もあり11.9kg。タイムスケジュール的には、後半やや遅れもありましたが、アラサーの底力によって軌道修正。計画の修正ポイントとして、塔ノ岳 山頂の滞在時間を長くする事と、小丸尾根分岐で休憩時間を入れる事でしょうか。分単位の事前計画があるとフィードバックできて良いですね!
 前・後編と長くなりましたが、最後までお読み頂きありがとうございました。お気軽にコメントくださいな!

大倉発 塔ノ岳・鍋割山 前編 (2016.04.16)

07:00 朝飯

おはようございます。今回は高校時代の友人と塔ノ岳・鍋割山を目指します!朝食はモスバーガー。ハンバーガーソースが美味しいですね。

07:20 スタバ

山でコーヒーを楽しむ方も多いと思われますが、ソロフィルターを持ち込む人は少ないのでは?プレスコーヒーよりシンプルな口あたり。ペーパーフィルターより油分が多くダイレクトな香り。個性が強い豆を楽しむのにもってこいです!購入した豆はカフェベロナ 100g 一緒に買ったパウンドケーキと合わせて楽しみます。ふたりとも大学時代は緑色のエプロンを着て働いてた時期があり、今でもコーヒーが大好きな訳であります。

08:10 大倉駐車場

モスで朝食を食べ、スタバで豆を買って、と寄り道できるのもお車様のおかげです。持つべきものは車を持っている友です。笑 フォード マスタングの独特な低音を楽しみつつ、大倉駐車場に到着しました。駐車場は10時間以上1080円(土日)ですので良心的だと思います。

08:20

大倉駐車場から12分の距離に登山口があります。08:30に出発すると団体さんと重なるので、中途半端な時間に出ると良いです。08:00発や08:30発は混雑しますよ。

08:30 登山口

無風、気温は8度。天気は曇り。林道から入山です。

09:01 観音茶屋

入山後しばらくは歩きやすい林道が続きます。最初のポイントは観音茶屋です。ここはノンストップで、駒止茶屋まで歩き続けます。

09:01

秦野市が遠くに見えます。手前の山は二ノ塔と三ノ塔でしょうか。

09:12

地理的には大倉駐車場から尾根なのですが、見た目的には登山口から30分で尾根らしくなります。

09:25

大倉尾根の別名が『バカ尾根』と言われるほど、長い登りが続きます。そんな言い方しなくても...と思いますが、景色もきれいで、楽しい尾根コースです。休憩ポイントも多いのでご安心ください。

09:35 駒止茶屋

歩きはじめて1時間。靴紐調整で5分の休憩を取ることにしました。

09:43

ずっと急な登りという訳ではありません。時折、ゆるやかな登りに変わり、リズム良く歩けます。

09:45

やや葉桜ですが花見もできました。

09:53 堀山の家

3つ目の茶屋で10分休憩。炭酸が飲みたくなり、缶コーラを頂きました。笑 さて、10:30に到着する予定でしたが、30分早く着きました!良いタイムです。

10:23

このあたりから本格的な登りが始まります。道幅も狭く、休憩するような場所も少ないので、ご注意ください。

10:35

一気に登ります。

10:45

堀山の家からの1時間は苦しい登り。見晴らしも良いので、ここで10分の休憩。予定より1時間早いペースですので、山頂でゆっくりするか、途中での撮影時間を長く取れそうです!

10:59

急にガスってきました。山ではよく濃い霧や雲に入って視界不良になると「ガス」という表現をします。

11:09

さらに視界が悪くなりました。尾根を歩いているので、ちょっと踏み外すと滑落の危険があります。また、他の人に当たって事故を起こさぬよう気をつけましょう。

11:14

ガスも相変わらず。尾根も徐々に道幅が狭くなりリスクが増し注意が必要です。ザックに木の枝が引っかかるなどイジーなミスに気をつけてください。お洒落でザックの外にマグを引っ掛ける方がいますが、あれ危ないですよ。

11:35 塔ノ岳

ガスが晴れる間もなく、塔ノ岳の山頂です。...が、何も見えない!笑 まあ、飯でも作っている内に晴れるでしょう。ここまで渋滞で止まることもなく歩けましたので、1時間早いタイムです。全身アンダーアーマーで登山する友人も余裕の表情で登りきっていました。

11:48 調理開始

SOTOの風に強いバーナーでも、横風が無い方がエネルギー効率が上がります。短時間で調理することで、行動時間に余裕も出来ます。動かない時間が長くなると、汗で体温が下がりますので、山の料理は短時間が鉄則です。

11:49

さーて、本日のメニューは
  1. 缶つまムール貝とベーコンのチキンライス
  2. 缶つまベーコンのドライカレー
です。

11:57

冷たい風と共に霧が晴れてきました。その奥には悠々とした山脈。ちょっと寒いけど、いい景色です。

12:01

ムール貝とベーコンのチキンライスの具材は以下の通り
  1. 白ワイン(使わず)
  2. 缶つまムール貝
  3. 冷凍カットベーコン
  4. 尾西のチキンライス

12:03

お互い燃費が悪く、すぐ腹が減るので、出来た料理から順に食べる!笑 料理も体温も冷めないうち。

12:08

ベーコンとドライカレーの具材は以下の通り
  1. 缶つまベーコン
  2. 缶つまムール貝の残り汁
  3. 冷凍カットベーコン
  4. 尾西のドライカレー
どんなのが出来上がるかは分からない!何事も挑戦。笑

12:10

既に缶つまベーコンが入っておりますが、さらにベーコンを投入。肉のいい匂いが。

12:12

カレーパウダーをかけると...さらに良い匂いが。(こっちの方がうまそうだ。)

12:15

野菜がない!ということで、イエロートマトをエッグホルダーに格納して運搬しました。甘くて美味しい。

12:18 昼飯完成

ムール貝のチキンライスも美味しいけど、ベーコンのドライカレーが美味いや。スパイシーさがGood!! 山といえば王道のカレーなのか。

12:20

すぐ近くをグライダーが飛行。上昇気流を探してグルグルと旋回中。なかなか上がれないみたい。

12:24

クッカーなども片付けて、山頂を散策。ここに有名な猫さんがいるので挨拶したかったのですが会えず。12:30をピークに登山客が増えます。鍋割山やヤビツ峠からの登山者が合流したと思われる。

12:24 UA 日本限定発売モデル

友人の靴が珍しいので紹介。アンダーアーマーのトレランシューズ。日本では数量限定モデルです。外はゴア素材。ソールはミシュラン社とのコラボ。マウンテンバイクなどで使用される高グリップ性の素材をイメージ。ミシュランマンがいます!さらに靴紐はスノボで使われるBOAシステム。足首までガードできるので、低重量・低山ハイクに最適ですね!UA ファットタイヤGTX 商品リンク

12:53 山パスタ

おお、山でパスタできるのか!許可を頂きパスタを撮影させて頂きました。缶つまベーコン人気ですね!我々も次回はパスタやります。

塔ノ岳を満喫し 後編に続く

長い尾根でしたが人気な理由も納得の山です。おなかも満腹になったので、後編は大丸~小丸~鍋割山経由の下山となります。最後まで読んで下さった方、ありがとうございます。お気軽にコメントくださいな!

後編はこちら: 大倉発 塔ノ岳・鍋割山 後編
山行計画: 大倉-大倉尾根-塔ノ岳-鍋割山-後沢乗越-二俣-大倉

山行計画 “大倉-大倉尾根-塔ノ岳-鍋割山-後沢乗越-二俣-大倉”(2016/04/16)

日程

2016年4月16日

参加者

2名

所要時間

  1. 歩行時間: 7h50m
  2. 行動時間: 9h30m
      始点 08:30 大蔵駐車場
      終点 18:00 大蔵駐車場

チェックポイント

  • 10:30 堀山の家
  • 11:40 立花山荘
  • 12:35 塔ノ岳
  • 14:30 鍋割山
  • 15:50 後沢乗越

  • 18:11 日没

スケジュール

No.所要時間予定時刻地点名特徴標高
108:00 駐車場オープン
08:30 準備完了
大倉
①大倉駐車場
②水無川駐車場
③諏訪丸駐車場
【駐車場】県立秦野戸川公園(約300台)
2120min10:30堀山の家
大倉尾根
310min10:40休憩
460min11:40花立山荘トイレあり
510min11:50休憩
620min12:10金冷シ1368m
725min12:35塔ノ岳尊仏山荘
トイレあり
1491m
840min13:15休憩(昼飯)
915min13:30金冷シ1368m
1060min14:30鍋割山大丸と小丸を経由する1272m
1130min15:00休憩鍋割山荘
トイレあり
1250min15:50後沢乗越分岐
1310min16:00休憩16:00までに必ず通過すること
1430min16:30二俣★ヘッドライト
1590min18:00大倉

GPSデータ

更新履歴

  • 2016年3月19日
  • 新規
  • 2016年3月20日
  • 実施予定日の決定
    日没時間を追加
  • 2016年4月11日
  • UI更新